スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

テレビ番組は多くのゲームデベロッパーにとって素晴らしいインスピレーションの源となります。クラシックスロットでも、オンラインカジノの新しいスロットでも、良いスロットマシンは常に有名な テーマを題材にしているのです

90年代後半から、シットコムやテレビのゲームショーを元にしたスロットマシンが登場し始めました。この記事では、スロットマシンになった番組を紹介します。

Wolverine(ウルヴァリン)

スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ Wolverine(ウルヴァリン) - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

コミックのヒーローであり、最も人気のマーベルキャラクターの一人であるこのキャラクターを知っている人も多いのではないでしょうか。ウルヴァリンは90年台のヒットアニメ『X-Men』に出てくる主人公の一人で、それこそがこのスロットWolverine: The Slot Machineが人気である理由の一つです。

Fantastic Four(ファンタスティック・フォー)

スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ Fantastic Four(ファンタスティック・フォー) - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

こちらもよく知られたマーベルのヒーローチームです。1994年に放映された人気アニメで、90年代に育った人はこのキャラクターと当時の人気ぶりを覚えているはずです。

Battlestar Galactica(宇宙空母ギャラクティカ)

スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ Battlestar Galactica(宇宙空母ギャラクティカ) - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

世界中にファンを持ち多大な好評を得た番組で、素晴らしいスロットマシンとなって登場しています。2つの別のストーリーがあり、一つは70年代に放映が始まり、2004年にリメイクされました。どちらのバージョンも好評を博しており、スロットマシンが作られるのも時間の問題というところでした。

The Incredible Hulk(インクレディブル・ハルク)

スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ The Incredible Hulk(インクレディブル・ハルク) - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

こちらもマーベルキャラクターの一人をテーマにしたスロットマシンです。70年代に実写化されましたが、この時はそこまで人気の番組ではなかったものの、スロットゲームにインスピレーションを与えたことは間違いありません。『インクレディブル・ハルク』のスロットは大変楽しく、番組内で使われたオリジナルの効果音を用いています。

Pink Panther (ピンク・パンサー)

スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ Pink Panther (ピンク・パンサー) - スロットマシンになった面白いテレビ番組6つ

60年代後半、ジャック・クルーゾーという名の警部とピンク色の豹が登場しました。現代では、ピンク・パンサーのスロットマシンで遊んでこの2つのキャラクターの冒険を振り返ることができます。いつの時代も最も愛された番組の一つであったこのアニメを思い出せるスロットとなっています。

Deal or No Deal(ディール・オア・ノー・ディール)

緊張と興奮が入り交じるゲーム番組です。大賞を得るために参加者がゲームをするという楽しい番組で、このスロットマシンは番組の代表的な効果音やすべての要素を取り入れています。

スロットマシンは多種多様ですが、最高のコンセプトを持ったマシンだけがファンに選ばれるスロットなのです。そのようなテレビ番組をベースにした最高品質のスロットをご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です